震災からなんか?胃や胸が痛い
 
神戸の震災のときの状況を知っているため
 
今、東北の人たちの苦労がすごく分かる。
 
東北の震災があってから色々と考え自分に何が出来るのか?
 
ずっと悩んでいる。
 
 
 
本当に苦しんだ目も開けられない
 
誇りまみれ泥だらけになりながら
 
壊れた建物の隙間を危険を感じながら
 
被災確認をしていく日々
 
夜遅くまで泥だらけになりながら働いて
 
久々に休暇で福岡に帰省したときの
 
温度差にびっくりした。
 
同じ日本でこんなにも環境が違うなんて・・・
 
避難所で生活している方のことを思うと
 
すぐに神戸に帰らないといけないと思い
 
神戸に戻った。
 
それから7ヶ月神戸で必死に復興のために働いた。
 
 
 
人の命の重さに大きさはないが、
 
今回の災害の大きさは僕には想像できない
 
今、広島にいる事であのときの温度差の反対側にいる。
 
神戸にいたときあまりニュースを見る時間もなかった。
 
たまに見るニュースの軽さに腹が立った。
 
そして、今流れているニュースは間違いなく軽いと思う
 
 
 
僕が今出来ること結局
 
遠い離れた場所でも自分たちが汗を流して
 
共感すること
 
がんばって僕なりの行動を起こします。
 
 
 
                               岡田栄治